歯槽膿漏を知って早期解決をしよう

歯槽膿漏を知って早期解決をしよう


  • 歯槽膿漏の原因


    歯槽膿漏を発症させてしまう原因は歯垢にあります。多くの人が歯が痛くならなければ歯科医院に行かないと思います。しかし、歯が痛くなくても歯垢は溜まってしまいます。多くの人が歯垢をそのまま放置してしまい、それが原因で歯茎が大きく腫れてしまう原因になります。

    日頃から意識をして、歯垢が残らないように歯磨きなどの口内ケアをしていれば問題ありません。しかし歯磨きの仕方を間違ってしまうと、歯と歯の間や歯と歯茎の間などに歯垢が溜まってしまいます。その状態を放っておくと、少しずつ虫歯とは違った歯茎の病気の症状が出てきます。歯槽膿漏は早期治療をすることができれば問題ありませんが、そのまま放置してしまうと歯肉炎が進行してしまいます。さらに放置してしまうと、歯周病になってしまう危険性があります。

    歯垢は細菌だと思ってください。悪さをする細菌がずっと口の中にあったら、手遅れになってしまう様々な病気を発症してしまうという意識を持つことが重要になります。最悪な結果だと歯茎がもろくなって歯が抜けてしまったり、細菌が体内に侵入して病気になってしまう可能性があります。そうならないためにも早期発見と早期治療が大切になってきます。日頃から口内を生活に保つことで、歯垢が無い清潔な歯や歯茎を維持することができます。