歯槽膿漏を知って早期解決をしよう

歯槽膿漏を知って早期解決をしよう


  • 歯槽膿漏の恐ろしさ


    歯の病気は虫歯などが知られていますが、歯茎の病気があるのをご存知でしょうか。特に深刻な状況になっている病気が歯槽膿漏です。多くの人が歯が痛くて歯科医院に行ったら虫歯を治療して終わりの人もいるかもしれませんが、それだけで終わらせてしまうと歯槽膿漏が進行している可能性があります。虫歯だけを治療するのではなく、歯が痛くなくても定期的に歯科医院に行って歯槽膿漏になっていないかを検査する必要があります。

    歯槽膿漏というのは最初は痛くありません。歯茎の腫れも目立ったりしません。しかし炎症を起こすと早期治療をしなければあっという間に歯槽膿漏が進行してしまう危険性があります。初期段階でしっかり治療をすれば問題ありませんが、多くの人が大丈夫だと思って歯科医院に行かないです。基本的に歯の病気は命に関わることは圧倒的に少ないので、症状が酷くなければ通院しない人が多いです。

    しかし虫歯も早期治療が大切ですが、それ以上に歯槽膿漏も1日も早く治療をしなければ、歯茎の状況が悪化してしまい、最終的には歯が抜けてしまいます。それだけではなく歯茎から細菌などが入り込み、血管を通じて体内に侵入していくと、重大な病気を引き起こす可能性がある恐ろしい病気です。まさか歯の治療を怠ったせいで違う病気になってしまうとは思ってもいないでしょうが、それが歯槽膿漏の恐ろしいところです。当サイトでは歯槽膿漏について解説をしていきます。どういった病気なのか、そしてどのように対処すれば良いかを理解していただけると思います。